女性部のお知らせ

親子料理教室開催

2017年05月02日(火)

リンク先の情報をご覧ください。
親子料理教室開催

女性セミナー開催

2017年02月14日(火)

2月14日(火)JAあさか野で女性セミナーを開き、エンディングノート講座(終活)を取り上げ、21名が受講しました。
今回は、エンディングノート(終活)の第二回目の開催で、前回の講座後のアンケートでも次回も是非やってほしいとの要望があり実施をしました。
人生の最後に向けて自分の想いを書き留めておくエンディングノートは、1991年頃に登場し、現在も希望する終末期の医療や介護のあり方、相続人への想いなどを残すことから中高年を中心に人気です。
講師には、エンディングノート著作の全国JA葬祭研究会会長、㈱JA東京セレモニーセンター 代表取締役社長丹野浩成氏を招いて、書き方の基本を講義し、身近な事例を上げて女性の目線で分かりやすく、笑いを交えながら、人生の終りに必要な知識を講義してくれました。
丹野講師は「身内が亡くなると直ぐに葬儀の準備をしなくてはならない。悲しみにひたる間もなく様々な手配をしなくてはならない家族にとって希望が残されたノートがあれば助かるし、心の支えにもなる」と参加者へ記入する大切さと想いを家族に残す大切さの意味を説いています。
セミナー終了後、エンディングノートを書いてみようという方も多く、「セミナーを聞いて遺産分割内容に付言をつけることによって残された家族に自分の気持ちを汲んでもらえるのが分かりました」と笑顔で話していました。

笑顔で話す丹野講師

セミナー終了時には参加者から大きな拍手があがりました。

JAあさか野女性部、常勤役員と意見交換会

2017年02月07日(火)

1月18日(水)、JAあさか野女性部は、JAあさか野へ取組や今後の活動に必要なことへの関心を高めてもらうため、同女性部(渡邉澄江部長)の主導のもと、同JAの池田稔組合長ら常勤役員が本店会議室で意見交換会を行いました。

女性の目線からの意見交わす渡邉女性部長

日頃の支援に謝辞と今後も支援をお願いし、共に発展していきたいと話す池田組合長

女性部について

JAあさか野女性部は、女性に共通する願いや夢を実現し、地域に根ざした活動を目指します。女性の協同活動によって、ゆとりとふれあい、たすけあいのある、住みよい地域社会づくりを目指しています。

女性部員随時募集中

勉強したいこと、やってみたいことなどを部員同士で提案・企画して活動するJA女性部。あなたのアイデアを活かし、仲間の輪を広げてみませんか?

JA女性部はどなたでも女性部員にご加入になれます。 年会費は500円です。

お気軽にお近くの支店へお立ち寄り下さい。

 

宗岡支部 新年会 新年を祝う

2017年01月19日(木)

平成29年 1月11日(水)、宗岡支部女性部は新年会を開催しました。
女性だけで新年を祝おうと部員に呼びかけ、支部から多くの参加者が集りました。
野島支部長の挨拶後、賑やかな談笑やビンゴゲームなどを行い盛り上がりました。

志村理事や黍塚指導経済担当常務も新年会に参加し、女性組織と交流を深めました。


最後に、志木市に伝わる踊りを、今年も元気で過せる様に舞いました。

JAあさか野女性部フレッシュミズ部会 発足

2016年12月15日(木)

12月2日(金)、JAあさか野女性部フレッシュミズ部会を発足いたしました。

部会の内規、役員などを決定した後の食事会ではお互いに交流を交わしました。

関係者ら18名が参加し、部会員同士で楽しく情報交換を行いました。

JAあさか野女性部本部役員も参加し、楽しくおしゃべりしながら交流を交わしました。

地場産野菜を使った料理なども並びました。

第5回女性協グランドゴルフ大会開催

2016年11月29日(火)

11月22日(火)JAあさか野女性部役員6名は、加須市むさしの村においてJA埼玉県女性組織協議会主催のグラウンドゴルフ大会に参加致しました。

同女性協ではスポーツや趣味を通じて部員の健康と組織の活性化を図るため実施し、第五回を迎えています。

当日は天気にも恵まれて爽やかな秋晴れの下、会話を楽しみながら16ホールを回りました。女性会部員らが賑やかに集い、随所に好プレーも見られました。みんなで和気あいあいと、笑顔と笑い声のあふれる大会になりました。

  

和光支部 和光農産物直売センター収穫祭へ出店

2016年11月25日(金)

田舎まんじゅう1578個完売!!

11月19日(土)、JAあさか野女性部 和光支部は、和光農産物直売センターイベントに出店し、手作り田舎まんじゅうを販売しました。

 

同センターイベント開始に間に合わせるため、17名の部員が作業を行い、手分けして一つ一つ丁寧に生地 に包み蒸しあげました。


今年は田舎まんじゅう三つ入り250円を526パック販売し、お昼過ぎには完売しました。

女性部 新座大和田支部 新座農産物直売センターふるさと新座館 入館4周年記念祭に出店

2016年11月15日(火)

手作りのいなかまんじゅうが大人気

  

10月29日(土)、JAあさか野女性部新座大和田支部は、新座農産物直売センターのふるさと新座館 入館4周年

記念祭イベントに出店し、”むしパン、いなかまんじゅう、おいなりさん”を販売しました。

今年は新座大和田支部の他、野火止支部から3名の支部長が参加しました。

朝9時00分の同センターイベントに間に合わせるため、前日から餡子玉作業を開始し、当日は部員で手分け

して一つ一つ丁寧に生地に包み蒸しあげました。

 

 

 

 

 

 

 

 

女性部 野寺支部 新座農産物直売センター ふるさと新座館入館4周年記念祭に出店

2016年11月15日(火)

  

10月30日(日)、JAあさか野女性部野寺支部は、新座農産物直売センター入館4周年記念祭のイベントに出店し、

焼きだんごなどを販売しました。

多くの来客者に対応できるよう、焼台も2台設置しました。今年は、恒例の焼きだんごのほか、甘味なども用意して

販売しました。会場には、野寺支部の「いらっしゃい!おいしいよ」の掛け声と醤油の香ばしい香りが漂いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性部朝霞支部「さつまいも掘り体験」実施

2016年10月27日(木)

10月26日(水)、JAあさか野女性部朝霞支部は、浅川農園のさつまいも畑において、

地域交流と高齢者福祉の一環として「さつまいも掘り体験」を実施致しました。

 

同支部では、地域高齢者の方々が土に触れて楽しんでもらえるよう、毎年この時季に「さつまいも掘り体験」

を行っています。今年で5回目となり当日の参加者は48名でした。

指導者の浅川俊夫さんから、さつまいもの種類はベニアズマで朝霞甘藷(朝霞ブランド)と紹介され、参加者は

慎重に土を掘りおこし、大きなさつまいもが出てくると笑顔をみせていました。

 

収穫体験の後は、同支部の女性部員がさつまいもを蒸かし、参加者全員で美味しく試食しました。

 

 

ページの先頭へ