トピックス

ハイ祭沖縄に行ってきました!!

2017年02月08日(水)

1月24日~27日、さんご礁が隆起して出来た美しい宮古島の海と南国の美しい花々が咲き誇るリゾートスティの旅に18名が参加しました。

初日、2日目は沖縄本島から南西に約300kmの宮古島へ。海と白砂のコントラストが美しい有名な砂山ビーチや島を結ぶ海にかかる池間大橋、来間大橋を渡り、宮古五島の名所を回りました。3日目には沖縄本島へ移動し、伝統工芸をあしらった色美しいコスチュームの島唄ライブステージ「第10回ハイ祭沖縄イベント」など多くの参加者が酔いしれていました。

参加者は「知らない人同士で交流が出来て楽しかった。観光場所では、笑いが絶えず良い旅になりました。」と話してくれました。

記念写真をパチリ

琉球舞踊を踊る参加者ら

ATM一時休止のお知らせ

2017年01月25日(水)

リンク先の情報をご覧ください。
ATM一時休止のお知らせ

ウィンターキャンペーン2016 「懸賞品付定期貯金」当選番号

2017年01月24日(火)

リンク先の情報をご覧ください。
ウィンターキャンペーン2016 「懸賞品付定期貯金」当選番号

地元野菜の移動販売をはじめました

2017年01月24日(火)

創造的自己改革の取組み

農業者の所得増大と地域の活性化に全力を尽くします。 

 JA全国中央会の掲げる自己改革の三つの柱である「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」の改革を着実に実践していくため、新たに「JA改革推進室」を設置しました。具体的には、新規販路先の開拓、行政および、県内をはじめ県外のJAと連携た農産物直売センターの活性化、販売品、購買品の新規販売先の開拓などに取り組んでいます

平成28年度より、地元野菜の移動販売をはじめました!

 移動販売先は、和光農産物直売センター管内(和光市駅南口いこいの広場軽トラ市、和光市役所木曜市、朝霞市農産物直売組合(内間木支店朝市)、朝霞市農業青年クラブ(朝霞支店朝市)、浜崎農産物直売所(プチマルシェ)、新座農産物直売センター管内(新座栄四丁目商店会、新座市役所ファーマーズマーケット、野火止支店朝市、志木支店よみうり楽々朝市、志木支店いろはやさい市)において、本店職員も当番制で販売支援をおこなっています。

          新座栄四丁目商店会内「栄すこやか広場」

新座市役所本庁舎1階ロビー新座市役所FM  和光市駅南口いこいの広場軽トラ市 

     和光市役所木曜市

 

              野火止支店朝市

         朝霞市農産物直売組合 内間木支店朝市

             志木支店よみうり楽々朝市

         朝霞市農業青年クラブ 朝霞支店朝市  

    志木支店いろはやさい市      浜崎農産物直売所(プチマルシェ)

県内をはじめ、県外のJAと連携した農産物直売所の活性化への取組みとして、昨年11月、東京都のJA世田谷目黒の「農産物直売会・物産展」に出店し、新座市の農産物および特別栽培米「こしの逸品」を販売しました。

    東京都のJA世田谷目黒の「農産物直売会・物産展」に出店

平成29年2月4日(土)、朝霞市商工会主催による産業フェア 第10回「あさか産業フェア」にて地元農産物の販売し、北朝霞商業振興会主催の第5回「北朝霞どんぶり王選手権」において、こしの逸品が斡旋されています。

今後も、お客様に信頼される地元農産物をお届けするため、様々な取組みを実施してまいります。

     新鮮な地元農産物をたくさんご用意してお待ちしております

    

野菜の移動販売 in 新座市役所ファーマーズマーケット

2017年01月24日(火)

新座農産物直売センターは、新座市役所本庁舎1階ロビーで、とれたて、旬の地元野菜を移動販売いたします。生産者が丹精込めて育てた安全・安心な農産物を販売しておりますので、皆様のご来場をお待ちしております。

開催時間 午前10時から午後1時  ※売り切れしだい終了します

開催日程

平成29年2月8日(水)

平成29年2月22日(水)

開催場所 新座市役所本庁舎1階ロビー くわしくは新座市役所ホームページ 市役所本庁舎/第二庁舎をご覧ください 外部リンク

開催内容 新座市産の新鮮野菜 くだもの

収入保険制度について

2017年01月23日(月)

リンク先の情報をご覧ください。
収入保険制度について

宗岡支部 新年会 新年を祝う

2017年01月19日(木)

平成29年 1月11日(水)、宗岡支部女性部は新年会を開催しました。
女性だけで新年を祝おうと部員に呼びかけ、支部から多くの参加者が集りました。
野島支部長の挨拶後、賑やかな談笑やビンゴゲームなどを行い盛り上がりました。

志村理事や黍塚指導経済担当常務も新年会に参加し、女性組織と交流を深めました。


最後に、志木市に伝わる踊りを、今年も元気で過せる様に舞いました。

営農だより 創刊号2017-1

2017年01月12日(木)

リンク先の情報をご覧ください。
営農だより 創刊号2017-1

JAあさか野青年部設立

2017年01月04日(水)

平成28年12月5日(月)、新座市内ベルセゾンにおいて、JAあさか野青年部の設立総会を開催しました。
 

設立総会は池田稔組合長が議長を務め、青年部設立に関する議案はすべて拍手をもって可決承認となりました。
同部会は管内50歳未満の農業後継者を中心に更なる地域農業の発展を目指して部会員36名でスタートしました。

設立記念式典において、池田稔組合長は「青年部の発足は、今後の農協運営に際し、若い人の力が不可欠であり、是非JAにご協力いただきたい」と挨拶しました。

来賓のJA中央会・連合会の若林龍司会長よりご祝辞を賜りました。

初代部長に就任した金子直哉氏は「社会的、世界的にも、混迷の時代であり、農業業界においても同様に改革が求められています。向かい風の中の立ち上げではありますが、お互いの若い力を合わせてしっかりとした結果が出せるような青年部を作っていきたい」と意気込みを語りました。

 

全国農協青年組織協議会 飯野芳彦副会長による講演が「農業協同組合とは?青年部とは?~実践と活用、その先~」と題して行われました。「JA青年部の意義と役割は、 地域社会への貢献、 政策提言、 JAへの参画、 相互研鑽、 次世代の育成です。若手農業者がこれからの農業、JAを牽引しなければなりません。そのためには、一人でも多くの青年部出身者がJA経営に参画して、リーダーとなったものを皆で支え各々ができることを精一杯やることが大切です」と熱演いただきました。皆、メモを取りながら真剣に傍聴しました。

JAあさか野青年部新役員を紹介します。

左上から

監事 小寺和矢氏  監事 清水一敏氏  会計 大澤和広氏  会計 本多隆弘氏

朝霞地区       志木地区       新座地区              和光地区

副部長 細沼幸市氏  副部長 神杉誠氏  部長 金子直哉氏  副部長 加藤博明氏

新座地区        朝霞地区     志木地区       和光地区

今後の予定として、平成29年3月に視察研修旅行を予定しています

お問い合せ JAあさか野 指導経済部経済課 ☎048—479—1011

JAあさか野管内にお住まいの男性皆様へ

2017年01月04日(水)

リンク先の情報をご覧ください。
JAあさか野管内にお住まいの男性皆様へ

ページの先頭へ