新着情報

第5回北朝霞どんぶり王選手権に初出店「人天丼(にんてんどん)」

2017年02月07日(火)

自己改革 

2月4日(土)、朝霞市産業文化センター第二駐車場でおこなわれた北朝霞商業振興会主催の「第5回北朝霞どんぶり王選手権」に初出店しました。同選手権は朝霞市内の飲食店等、18店舗が出店し、普段、お店では食べられない味やアイデア自慢の「どんぶり」が出品されました。

 

JAあさか野は管内の特別栽培米コシヒカリ「こしの逸品」を使用し、朝霞市産の冬にんじんを千切りにした天ぷらに三つ葉を添え、醤油と鰹だしベースのシンプルな味付けで素材の旨みを生かした「人天丼(にんてんどん)」を提供しました。

緑黄色野菜の代表格であるにんじんは油との相性が抜群に良く、生で食べるよりもβ―カロチンの吸収率が一段と高くなります。

 

「人天丼(にんてんどん)」は栄養豊富で華やかな彩りが印象的な一品となりました。訪れた来場者は、「にんじんが甘くておいしいです。子供も喜んで食べました」と話していました。

どんぶり王選手権は来場者の投票により「どんぶり王」を決定し、JAあさか野は第5位に入賞しました。

同時開催の「第10回あさか産業フェア」において、地元農産物の即売をおこない、多くの来店者で賑わいました。

JA改革推進室小寺勝行室長は「これからも地域のイベントなどを通じて、地域振興、農業振興に取り組んでいきたい」と話しました。

 

ページの先頭へ